出会えないマッチングアプリ!Smatch(スマッチ)を紹介していくよ!

投稿日:2018年5月8日 更新日:

こんにちは、アヤトです。

マッチングアプリが乱立するこのご時世…。

リリースしてはサービス終了を繰り返しているアプリが大量発生しているとんでもない市場です。

 

きっと「初期費用とか維持費があまりかからないからボロ儲け!」みたいに思って参入するけど、

会員を集めるのに莫大な広告費がかかると知って、全然会員集めが出来ずに終了していくんでしょうね。

せめて他者と差別化して、特徴がバーンッとあるアプリならいいんですけど、

大抵がペアーズとかwithをパクるだけですからね。

出会い厨アヤトが1年ちょい使って思ったpairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)の違いを比較しながら話していくよ。

 

で、今回はそんな末路を辿りそうなアプリ!(←失礼

Smatch(スマッチ)をご紹介します!

アヤト
今回も佐藤くん(仮)にお願いしたよ。
アヤト
僕も覗いてみたけど、特徴が無さすぎて全然やる気にならないんだもん←
アヤト
しかも、すでにアクティブ会員が全国で数人しかいないという地獄みたいな状況だし…
アヤト
正直やる価値は全くない…

佐藤(仮)がスマッチを使ってみました。

こんにちは、アラサーリーマンの佐藤(仮)です。

いきなりアヤトさんが酷評してるので非常に紹介しづらいんですが、一応僕もマッチングアプリマニアとして色々やってきました!

 

そんな僕が、実際にSmatchを使ってみた感想、登録方法や使い方などをまとめます。

これからSmatchをインストールしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

(先に言っとくと、僕もアヤトさんと同じで微妙な評価です…。)

 

Smatchとはどんなアプリなのか?

Smatchは、2016年からサービスが開始された、比較的新しい恋活・婚活アプリです。PairsやOmiai同様、登録にはFacebookアカウントが使われているのが特徴的。

なので、Smatchに登録する際は必ずFacebookアカウントが必要です。メールアドレスなどでは登録できないので、注意しましょう。

 

安全性に関しては問題なし

マッチングアプリを使う上で気になるもの、それはやはり「安全性」。

ただ、Smatchの安全性に関しては、全く問題なさそうです。

 

Smatchでは、24時間体制の監視を行っており、絶えずプロフィールや投稿写真をチェックしています。

また、ユーザー間での通報システムがあり、通報が重なると強制退会措置が行われるのもSmatchの特徴。

つまり、悪質なユーザーは排除されているということ。

 

実際、無料会員で使って見た感じ、サクラや業者はいませんでした。

そして、「身バレ」への対策もバッチリ。

Facebookの友達同士はSmatch上に出てきませんし、FacebookのフィードにもSmatchを利用していることは表示されません。

「マッチングアプリを使っているのを誰かに知られたくない」という人でも、安心して使えますよ。

 

アヤト
ただ、無料会員の状態ではサクラや業者を見抜くことは出来ない気がします…
アヤト
サクラなんて時代錯誤なことをしてることはないでしょうが、業者はやりとりをしてみないと見抜けないので注意が必要です。
アヤト
他アプリですが、こんな記事を参考にしてみて下さい。

pairs&Omiaiにサクラはいないけど、勧誘系や宣伝系の人々は湧く。

 

Smatchの運営元は?

Smatchを運営しているのは、「グループス株式会社」という企業。2005年に設立され、ゲームアプリの開発を中心に行っている会社です。

調べてみたところ、実在している会社なので、まず違法なマッチングアプリではありません。

 

このように、しっかりと特定商取引法に基づく表示で運営者情報も記載されていました。

smatch1

 

悪質なアプリだと、ペーパーカンパニーを使っていたり、運営者情報が載ってなかったりする場合もあります。

その点、Smatchは大丈夫そうですね。

 

Smatchの登録方法

では、Smatchの登録方法について見てみましょう。

Smatchのアプリをインストールして起動させたら、このような画面が表示されるので、画面下部の「Facebookではじめる」をタップしてください。

smatch2

 

すると、ブラウザが起動し、Facebookへのログイン画面が表示されます。画面上の「◯◯(自分の名前)としてログイン」というところをタップして、次へ進みましょう。

smatch3

 

続いて、「このページをSmatchで開きますか?」という画面が表示されるので、「開く」をタップ。

smatch4

 

すると、以下のように「Smatchは通知を送信します。よろしいですか?」という画面が表示されるはず。

通知を許可する場合には「許可」を、通知を受け取りたくない場合には「許可しない」をタップしましょう。

smatch5

 

通知の設定が完了したら、以下のような画面へと移ります。この画面で、

smatch6

・イニシャル(デフォルトでFacebookのイニシャルになっています)
・居住地

を選択してください。

イニシャルは登録後変更不可なので気をつけて下さい。

そして、「Smatchのプライバシーポリシーに同意する」というところにチェックを入れて、「Smatchをはじめる」をタップします。

 

すると、プロフィール設定画面へと移るので、

・身長
・体型
・血液型
・出身地
・業種
・職業
・学歴
・年収
・お酒
・タバコ

を登録し、画面下部の「保存する」をタップしましょう。

これで登録は完了。とても簡単なので、5分もあれば終わってしまいますよ。

 

登録の特典として、「50イイね!」と「10ポイント」がもらえます。

smatch7

 

Smatchの利用料金(男性のみ)

お次は、Smatchの料金についてです。

Smatchの料金を、プランごとに表でまとめてみましょう。

1ヶ月プラン 3,500円/月
3ヶ月プラン 9,800円(3266円/月)
6ヶ月プラン 16,800円(2800円/月)
12ヶ月プラン 26,800円(2233円/月)
アヤト
料金は普通くらいですね。出来たてにしては強気の値段設定です。

 

スマッチ承認会員(有料会員)になった場合、以下のような特典があります。

・トークが無制限
・「イイね!」数を気にせずに女性にアプローチできる
・足跡を見られる日数が直近30日に増える
・女性が登録日順に表示されるのでマッチ率が上がる

 

無料会員との比較を、わかりやすく表にしてみました。

無料会員 有料会員
トーク 無制限
登録時に付与されるイイね 50イイね! 50イイね!(無料登録時に付与されるイイね!)+20イイね!
イイね!ストック数 上限50イイね! 上限なし
登録時に付与されるSmatchポイント 10ポイント なし(無料会員登録時に付与される10ポイントのみ)
あしあとを見られる回数 直近の15人まで 直近の30日まで
Facebook公開 メッセージ2往復目以降は可能
女性を登録日順に表示・検索
Facebookに友達が多い順に表示・検索

この表を見ていただけるとわかるのですが、「有料会員になって初めてマッチングアプリとして機能する」という感じですね。

無料会員だとメッセージもできませんし、かなり自由度が限定されています。

アヤト
スマッチでは、無料会員をFacebook認証会員、有料会員をSmatch認証会員と呼んでるっぽいです。

 

ちなみに、Smatchでは、保有イイね!がなくなった時にイイね!する場合などにはポイントが必要です。

このポイントも追加で購入が可能。値段を、以下の表にまとめます。

10ポイント 1,300円
30ポイント 3,400円
50ポイント 5,400円
100ポイント 9,800円
500ポイント 42,800円

 

購入金額が多い方がお得になるよう価格設定されていますが、だいたい1ポイント100円前後。

これは、平均的な値段ですね。

他のアプリのポイントに比べても、高すぎるということはありません。

 

女子は完全無料

スマッチの公式を見ると、【女性が完全無料なのはSmatchだけ!】と書かれています。

ペアーズやwithなども女性は基本的に無料ですが、いいね!数が足りなくなった場合などには男性会員と同様にポイントを買う必要がありました。

しかし、Smatchはいいねするのも、ポイントも無制限になっています。

これぞ、ホントの完全無料ですね。

 

ただ、女性は基本的に男性からアプローチを大量に受けるので、いいね!数が足りなくなる事態は起こらないと思います。

なので、完全無料を謳っても…なんだかな〜…って感じですね。

 

本人確認が必須!

スマッチは年齢確認だけではなく、本人確認が必須です。

 

ペアーズやwithなどのアプリでは、年齢確認をするだけでいいので、

生年月日、発行元、証明書の種類

さえ表示されていれば、あとは隠しても大丈夫なんですよね。

免許証で言えば、顔写真とか住所とか本名とか。

 

ですが、スマッチは本人確認が必須なので隠すことが出来ません。

安全性の面ではいいことですが、正直、面倒だと思う&抵抗がある人が多いと思います。

会員数を増やす妨げにならないか心配です。

アヤト
Omiaiなんかも本人確認が必須ですが、上に書いた2サイトに比べると会員が少なめです…
アヤト
Omiaiは既に知名度があるからいいですが、これから!っていうスマッチはなかなか厳しい戦いになりそうです…

 

Smatchの使い方

それでは、Smatchの使い方について。

Smatchの使い方は、とてもシンプルです。

①絞り込み検索
②気になる女性がいたらアプローチ
③マッチしてメッセージ

という3つの流れで女性と出会います。

それぞれについて、以下で詳しく見てみましょう。

 

プロフィールを充実させるのはマスト!

まず、絞り込み検索の前に、「プロフィール」を充実させておきましょう。

これはマッチングアプリの基本です。

 

最初のプロフ登録のみだと、以下のようにプロフィールの充実度がMAXになっていません。

Smatch8

なので、後から詳細なプロフィールの設定が必要となります。

 

プロフィールを設定するには、マイページ内の「詳細プロフの編集」をタップしてください。

Smatch9

 

すると、以下のような画面が表示されるはず。

Smatch10

 

最初に登録した基本情報、職業・学歴に加えて、

・「性格・生活(チャームポイントや社交性、同居人について)」
・「恋愛・結婚(結婚歴や子供の有無、出会うまでの希望について)」

を登録しておきましょう。

 

詳細プロフを登録すれば、以下のようにプロフィール充実度が100%になるはずです。

Smatch11

 

アヤト
フリーで記入できる自己紹介文に関してはこんな記事を参考にしてみて下さい

Facebook出会いアプリで魅力的な自己紹介文を作っていくよー。

 

ついでに、ここでサブ写真も2〜3枚登録しておくのがいいでしょう。

マッチングアプリでは、サブ写真がある方がマッチ率が上がりますからね。

 

ちなみに、写真の設定には審査が必要です。

写真をアップロードすると自動的に審査が始まりますが、僕の場合は数分で終わりました。

アヤト
変な写真をあげようとする輩がいるからですね…
アヤト
基本的に公序良俗に反してなければOK!

 

アヤト
写真に関してはこんな記事を参考にしてみてね!

出会いアプリに載せるプロフィール写真を撮る時のコツを教えるよー。

 

まずは絞り込み機能で女性を検索

プロフィールを登録したら、絞り込み検索で女性を探してみましょう。

絞り込み検索をするには、トップ画面左上の虫眼鏡マークをタップ。

smatch12

 

すると、以下のような「検索条件設定」画面が表示されるはずです。

smatch13

・年齢
・身長
・体型
・血液型
・居住地
・職業
・業種
・年収
・学歴
・お酒
・タバコ
・同居人
・休日
・結婚歴
・子供の有無
・結婚願望
・出会うまでの希望
・サブ写真の有無
・自己紹介文の有無
・登録日(48時間以内に登録)
・最終ログイン日
・並び順(無料会員でも「ログイン順」、「イイね!が多い順」は選択可能)

これらの項目を適宜設定して、画面下部の「条件を保存して検索」をタップしましょう。

 

個人的に設定しておくのは、居住地と身長、体型くらいでいいと思います。

マッチングアプリでは、女性を絞り込みすぎるとマッチ率が下がってしまいますからね。

 

アヤト
ほほーぅ、佐藤くん(仮)は身長と体型を設定するのか…!高身長スレンダー女子が好きと見た!
アヤト
ちなみに、僕は居住地と年齢、最終ログイン日を設定します。

 

気になる女性がいたらアプローチ

絞り込み検索が終わったら、気になる女性を見つけてアプローチしていきます。

アプローチする方法は、

・イイね!
・メッセージ+イイね!(+3ポイントかかります)

のどちらかを送るというもの。

これは、ほとんどのマッチングアプリに備わっている機能ですね。

無料会員でも「イイね!」や「メッセージ+イイね!」を送ることが可能です。

 

イイね!を送る方法は簡単。

相手女性のプロフ画面へと飛んで、「イイね!」というところタップするだけ。

smatch14

 

すると、「イイね!」もしくは、「メッセージ+イイね!」が選択できます。

smatch15

 

また、すでに「イイね!」や「イイね!+メッセージ」を送った相手には、

・大好き!
・メッセージ+大好き!

というものが送れます。

 

この機能を使うと、相手の画面の特別枠に、3日間自分を表示させることが可能

もし、相手にたくさんのイイねが届いていたとしても、自分にメッセージやイイねが返ってきやすくなります。

消費ポイントは、以下の通りです。

・大好き!:2〜4ポイント
・メッセージ+大好き:3〜5ポイント

消費するポイントに差があるのは、相手女性のステータスによって、消費するポイントが異なるため。

アヤト
ペアーズでいうところのみてね!とメッセージ付きみてね!って感じ

 

以下の表のように、「イイね!」を多くもらっている会員ほど、ポイントの消費数が多くなります。

「大好き!の消費ポイント」

消費ポイント
相手のイイね!数 0〜299イイね! 300〜499イイね! 500イイね!以上
大好き! 2ポイント 3ポイント 4ポイント

 

「メッセージ+大好き!の消費ポイント」

消費ポイント
相手のイイね!数 0〜299イイね! 300〜499イイね! 500イイね!以上
メッセージ+大好き! 3ポイント 4ポイント 5ポイント

 

ただ、個人的にこういう機能はあまり効果が無いんじゃないかと思います。

他のマッチングアプリでも似たような機能がありますが、使ってみて成功した事例はほとんどありません。

イイね!が来てイケメンだったりタイプだったりしたら、おそらく女性側もすぐにイイね!を返すはずですからね…(笑)

 

(ス)マッチしたらメッセージを送ってみよう

女性とマッチングしたら、メッセージを送ってみましょう。

ちなみに、Smatchではマッチングすることを「スマッチ」と呼びます(笑)

ウルトラマンみたいですね。

 

メッセージに関しては、

・挨拶、自己紹介を入れる
・メッセージを送った理由を入れる(趣味が合いそうだったのでなど)
・疑問形で締める

などを意識すると、メッセージが返ってきやすいですよ。

ちなみに、1通目のメッセージでは、Facebookの情報や電話番号、ラインのIDなどは送れませんのでご注意を。

アヤト
メッセージに関してはこんな記事を参考にしてみて下さい。

Facebook出会いアプリでのファーストメールを考えていくよー。

 

メールを続けるコツに関してはこんな記事を参考にしてみて下さい。

マッチングアプリ内のメール(メッセージ)を続けるコツを語っていくよー。

 

Smatchを使ってみた感想

ここからはスマッチを実際につかってみて思ったことをつらつら〜っと書いていきます。

 

使い方がシンプルでわかりやすい

最近は、相性診断やAIを使った顔検索機能など、ちょっとややこしい機能が付いたマッチングアプリが増えていますが、Smatchはかなりオーソドックスなアプリと言えるでしょう。

使い方としては、OmiaiやPairsなんかにそっくりですね。

・検索⇛好みの女性を探してイイね!⇛メッセージ

と、とてもシンプルなので、マッチングアプリ初心者にも使いやすいはずです。

 

プロフィールに表示されている相性はあてにならなそう

Smatchの女性プロフィール画面には、「自分との相性」が表示されています。

smatch16

この相性ですが、正直あまりあてになりません(笑)

実際、僕がライクした女性の中には相性が90%近い女性もいましたが、マッチしたのは70%台の女性でした。

「マッチ率を上げたいから、相性のいい女性にイイね!を送る」この戦略は、あまり使えなさそうです。

 

登録者数は少ない

Smatchは、登録者数が少なすぎます。

これは、最も残念な点と言ってもいいでしょう。

登録者数が少なければ、それだけマッチの確率が下がるということですからね。

 

僕は関東在住なのですが、Smatchの検索で関東の女性を絞り込んだ場合、表示される女性は「3,091人」。(2018年5月7日時点)

smatch17

ちなみに、他の条件は全く指定していないので、純粋に「関東圏でSmatchに登録している女性」の数がこれです。

 

続いて、Pairsを使って同条件の検索をかけてみたところ、表示されたのは「388,427人」。

ペアーズ画面

 

かなり差がありますね。

試しに、Smatchで人口の最も少ない鳥取県に絞って検索してみたところ、なんと結果は「25人」。

smatch19

首都圏はまだマシですが、地方の方はもっと厳しそうです…。

アヤト
これは…アウトのやつ…!

 

アプリを使っている年齢層は比較的若い

Smatchを使っている年齢層は、「比較的若い」ことがわかりました。

検索条件を全く指定せず、ランダムに表示された女性100人の年齢を調査してみたところ、以下のような結果に。

  • 20代前半 31人
  • 20代後半 24人
  • 30代前半 25人
  • 30代後半 12人
  • 40代前半 5人
  • 40代後半 2人
  • 50代前半 1人

最も多いのは20代前半。

次いで、30代前半となっています。

一応、「婚活アプリ」と謳っているだけに、30代の女性も多いようですね。

バランスよく分布しているので、どの年代とも出会えるアプリと言えます。

 

男性の場合、無料で会うことは絶対に不可能

Smatchの場合、男性が無料で出会うことは絶対に不可能です。

なぜなら、無料会員ではメッセージが送れないから。

メッセージが出来なければ、連絡先を交換することはおろか、仲良くなることもできません。

最近のマッチングアプリではよくあることなので、ここまでは許容範囲。

 

しかし、個人的にSmatchで課金するのは無しかな…と思います。

現状、登録者数が少ないので、もし課金するならもっと人数の多いアプリの方が良いでしょう。

ペアーズやwithなど、女性の数が多い優良アプリがおすすめです。

 

アヤト
僕も課金はオススメしません…会員が…少なすぎるんだもの…

出会い厨アヤトが1年ちょい使って思ったpairs(ペアーズ)とwith(ウィズ)の違いを比較しながら話していくよ。

 

料金は並くらい

他のマッチングアプリと比較してみると、Smatchの料金は平均くらいです。

しかし、登録者数が少ないことを考えると、コスパがいいとは言えません。

同じくらいの値段で、もっと効率よく出会えるアプリはたくさんありますからね。

料金は並くらいですが、現状の登録者数を考えると、Smatchは割高です。

 

イイね!保有数の上限が痛すぎる

無料会員の場合ですが、イイね!に保有数の上限が設けられているのも痛い点。(50イイね!まで)

こういう制限をされているアプリは、なかなか見ません。

メッセージ機能も制限されている上に、これではマッチ率まで下がってしまいます。

つまり、男性は黙って課金しろということですね(笑)

アヤト
ヒドいシステムだ…orz

 

Smatchの退会方法

参考までに、Smatchの退会方法をまとめておきます。

アヤト
アプリを削除しただけではデータがスマッチ上に残ったままなので、確実に消したい場合はしっかり退会処理を行ってくださいね!

 

退会処理を行うには、まず「マイページ」の「各種設定」をタップ。

smatch20

 

続いて、「退会する」をタップしましょう。

smatch21

 

そして、続いて表示された画面最下部にある、「退会する」をタップしてください。

smatch22

 

次の画面では、「退会理由」と「Smatchへの意見」を入力します。(どちらも必須)

入力が済んだら、画面最下部にある「退会する」をタップ。

smatch23

 

これで、退会処理は完了です。

 

まとめ

Smatchを使ってみた感想、登録方法や使い方などをまとめました。

Smatchを使ってみた感想をまとめると、

  • 使い方がシンプルでわかりやすい
  • プロフィールに表示されている相性はあてにならない
  • 登録者数は少ない
  • 年齢層は比較的若い
  • 男性は無料で出会えない
  • 料金は並くらい
  • イイね!保有数の上限が痛すぎる

というもの。

どちらかというと、マイナスな印象の方が目立つアプリでした。

現状、個人的には課金という選択肢は無しかな、という感じ。

以上、佐藤(仮)でした。

 

アヤトの感想:絶対に課金したらダメ!

アヤト
ありがとうございました。ここからは僕が!

佐藤くん(仮)も何度も書いてくれていますが、

会員数が少ない上に大した特徴も無いので有料会員になってはいけないアプリです。

僕が調べた時(2018年5月8日)で、

  • 東京在住
  • 最終ログイン24時間以内

で、5人しか出てこなかったですからね。

 

東京という縛りをなくして、

  • 最終ログイン24時間以内

だけで全国で調べても、12人しか出てきません。

(途中で佐藤くん(仮)が同じように人数を検索してますが、あれは最終ログインで絞っていないので今までの累計会員数が出てるだけです。実際のアクティブ会員は驚愕でした…。)

 

これは…半年以内にサービス終了する可能性大です。

絶対に課金しないほうがいいですよ。

 

どうせやるなら、たくさん会員のいるペアーズとかwithを覗いてみてくださいね↓↓

pairs(ペアーズ)歴4年以上の出会い厨が解説!実際に会って体験談も聞いてきたよ!

 

最近アヤトが出会いまくってるアプリ

withのいいところ

あのメンタリストDaiGoさん監修。診断系コンテンツが面白すぎて女性会員増えまくり!

しかも…かわいい子が多い…!!

さらに、さらに!!今なら1ヶ月無料で有料会員を試すこともできます!

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

→ ネット出会い厨アヤトがマッチングアプリwithを推す理由!体験談も紹介するよ。

 

-体験談

Copyright© マッチングアプリで彼女を作る方法を解説するよー。 , 2018 All Rights Reserved.