Facebook出会いアプリで知り合った人との初電話戦略

公開日:2014/11/03
更新日:

海辺で電話

ありがとうございます、アヤトです。

こんな記事(→ Facebookアプリで知り合った人と電話してから会うべきか。)で電話しない派が多いよと言いましたが、

電話したい派もいると思うので、どんなことを話すべきか書いていきたいと思います。

と言っても、Facebookアプリで知り合ってるということは相手のプロフィールが見えてるし、メールもある程度してるので、そんなに難しくないんですよね。

スカイプとかで知らない子といきなり話すのと比べれば、ぬるゲーです。

別に自慢してるんじゃなくて、そんなに緊張しなくていいよってことです、はい。

準備編

準備を怠ってはいけません。

恋活アプリで女の子との電話は、会社のプレゼンに似ています。

念入りに準備をして、当日プレゼンで猛烈にアピールし、自分の目的を達成する。(提案を飲んでもらう等)

準備が甘いとぐだぐだになって、自分の思惑通りにはなかなかいかないですからね。

対女の子にの場合は、【初デートに誘う】というのが目標になると思います。

その目標に向かって準備していきましょう。

 

プロフィールを見直す

話す内容を考える時に改めてしっかり見ておきたいのは、プロフィールです。

例えば、電話してる時に「今年25歳だっけ?」なんて言ってしまうと、

「プロフィールに書いてあるし、見ろし」と思われてしまい、プライド高い系女子だと、

「あんたはいくつ?10歳?」とか喧嘩売ってきます。

ここまで激しく喧嘩を売られたことはないですが、不機嫌になる可能性が非常に高い。

「こっちはアンタとの電話のために、プロフィール見直すくらいは時間割いてやったのに、そんなこともしてないこいつマジなんなの」となるわけです。

そこまでいくプライド高い系女子はそんなにいないですが、情報を把握していないのはよくありません。

「今年25歳だよね?」と言ったほうが印象がいいです。

 

極端な例を上げましたが、しっかりプロフィールを見直して、基本事項は抑えておきましょう。

特に、やりとりしてる人数が増えてくると、誰がどれだかわからなくなってしまいがち。

これは僕の頭が悪いだけかもしれませんが、情報を間違えると、不穏な空気になりかねないので注意が必要です。

 

メールを見直す

メールで話した内容も忘れてはいけません。

特に2,3通継続して盛り上がった話題はそれだけ相手の子も好きな話題です。

せっかく、「妖怪ウォッチで盛り上がったアヤトさん♪電話でもその話ができるかな~」と思ってくれてるのに、

「えーっと、趣味なんだっけ?」なんて言ってしまった日にはそーっとフェードアウトされてしまうでしょう。

そこまで期待されて無くても、「メールした内容も覚えてないとか、いい加減なチャラ男だな」とも思われてしまうので注意して下さい。

 

シナリオを描く。

ざっくりでいいので、どんなことを話すか決めておきましょう。

挨拶から入って、仕事お疲れ様~的なことを言って、いつも帰りはどれくらい?的な話をして、

ここで自分の仕事の話をちょろっとして、相手の話もちょろっと聞いて、

仕事の話が一段落したら趣味の話をして、それが終わったら今日食べた新作コンビニスイーツの話をして、

スイーツ話が盛り上がったら、一緒に食べに行こうとカフェに誘ってみる、盛り上がらなかったらまた別の話題へ。

などですね。

この例は全然ざっくりじゃないですが、電話が苦手とか、沈黙が苦手な人はこのくらい具体的に決めておいた方がいいですよ。

アドリブでいこうとすると、緊張して上手くいかなかったり、沈黙を不必要に恐れてしまってグダグダトークになっちゃいますからね。

得意な人は、仕事、趣味、スイーツくらい頭の中にざっくり描いておけば十分です。

 

トーク編

ついに電話する時がやってきました!

準備をしっかりしておけば、恐れることはありませんが、ちょこっと注意した方がいいことがあるので気をつけて下さい。

 

はじめの挨拶が大事

得意先からの電話に出る時のような、よそいきの声を出していきましょう。

慣れてる子なら良いでしょうが、アプリの人と電話することがあまりない子だと、知らないオッサンと話すことを結構不安に思っています。

その不安を一蹴できるような爽やかボイスでいきましょう。

 

そうそう、早口でまくしたててしまうことに注意して下さい。

スカイプで相談にのっていると、よくいるんですが、緊張のあまり、

「もしもし、あっ、はじめまして、○○です。お忙しい中、お時間とっていただきましてありがとうございます。本日はよろしくお願いします。」

と4秒ぐらいで一気に言う人。

丁寧ですが、緊張して早口になってしまっていると、その緊張が相手にも伝わって、上手くいかなくなってしまいます。

「もしもし(相手のもしもしを待つ)、あっ、はじめまして、○○です。(相手の挨拶を待つ)お忙しい中、お時間とっていただきましてありがとうございます。(相手の反応を待つ)本日はよろしくお願いします。」

くらいに区切って、相手の返答を待ってゆっくり話すようにしましょう。

 

準備したアピールをし過ぎるとキモい。

準備を怠るなとか言いましたが、それが見えてしまうのはよくありません。

「キミは○○だよね?」

「△△が好きだよね」

とか連発し過ぎると逆にキモさMAXです。

「え、何この人、どんだけ私のプロフィール見てるの…怖い…やっぱりネットは怖い…もうサイトやめよう…」となっちゃうわけで…。

 

その時に、「プロフィール見ながら喋ろう」とか宣言しちゃえば、「私の情報覚えすぎ、キモい…」とはなりません。

宣言しなくても、「よく覚えてるね…」みたいな空気になったら、「…ってプロフィールに書いてあるよ笑」とか言えばOKです。

細かいことまで知りすぎていると、逆にキモいと思われるので注意が必要です。

 

媚び過ぎない。

さらに混乱するようなことをいいますが、女心というのはわけがわからないもので、

こちらが媚びすぎても「つまんない男」と思われてしまいます。

なので、適度に覚えてないことも必要なんです。

妖怪ウォッチの話はすごい覚えていたけど、「そういえば、恵比寿に住んでるんだっけ?」とかわざと違うところを言う、とか。

ただ、これはちょっと難易度が高いので、無理に意識しなくてもOKです。

好感度が上がってからなら、こうやってちょっと突き放すようなことを言うのはいいですが、上がってないのにこんなことを言うと、上に書いたように、「何こいつ」と思われてしまいます。

 

盛り上がってるうちにデートの約束を。

目標の初デートの約束ですが、出来る限り日にちだけでも通話中に決めてしまったほうが良いです。

場所は後で候補を挙げるとか、「僕が選んで予約しとくねー」と伝えておけばOK。

時間さえ空けておいてもらえれば、あとでなんとかできるので、アポだけとっちゃいましょう。

メールだと返事を後回しにされたり、適当に流されたりする恐れがあります。

 

まとめ

目標達成のシナリオ等、事前準備をしっかりして、通話に挑むべし。

余裕があったら媚び過ぎないなどのテクニックも使ってね。

より具体的なトーク内容はこちらも参考にしてみてください。

→ 出会い系サイトで知り合った人との初電話戦略

 

最近オススメすぎるアプリ

あのメンタリストDaiGoさん監修。診断系コンテンツが面白すぎて女性会員増えまくり!しかも…かわいい子が多い…!!ライバルのメンズが少ないうちに可愛い彼女を作っちゃって下さい。

アヤトの紹介記事はこちら → DaiGoさん監修の恋活アプリ『with(ウィズ)』を出会い厨アヤトがやってみた。

 

おすすめアプリランキング!

長年ネット出会い厨を続けているアヤトによるFacebookを使ったオススメの恋活・婚活アプリランキング!

今も継続してがっつり出会っているアプリのみを厳選して紹介しています。

おすすめアプリランキング