【世にもアヤトな体験談】Omiaiとpairsを使っていて思ったユーザー層の違い。

公開日:2014/10/21
更新日:

マッチング後、違和感を感じる男

ありがとうございます、アヤトです。

Omiaiとpairsを両方やっていると、Omiaiの方が真剣に彼氏を作ろうという子が多い気がします。

※当記事は完全に僕の独断と偏見MAXな内容になっております。

マッチング後の返信率

マッチングした後、一日放置しておくと、

pairsだと大半の女性がメールをくれませんが、Omiaiだと半分くらいがメールをくれます。

びっくりですね。

メールと言っても、「マッチングありがとうございます、よろしくお願いします」みたいな簡単な内容なんですけどね。

それでももらえると嬉しいものです。

(ちなみに向こうがメールをくれようともくれまいとも、こちらからメールを送った方がいいですよ。 参考:Facebook出会いアプリでのファーストメールを考えていくよー。

 

ホントに真剣に彼氏を作ろうとしているか?

メールをくれたからと言って、真剣に彼氏を作ろうとしているとは限らないですが、マッチング後、放っておくような人よりは真剣に出会いを求めていると思います。

「いいね!の感謝を伝えたい!」という思いがあるなんて慎ましくていいじゃないか!とも思いますしね。

 

いいね!の重み。

そもそもなんでこんな現象が起こるのかというと、pairsの方がいいね!の価値が軽いからです。

いいね!と交換できるポイントはバンバン貰えますし、今日のピックアップ等で無償でいいね!できる機会も多い。

Omiaiもログインボーナスがもらえるようになりましたが、所持できるいいね!数の上限が決まっているので、無限には増えていきません。

しかも、バランスを取るために、いいね!数の消費が人によって違います。

たくさんいいね!をもらってる人には、2倍、3倍といいね!の消費がかかるようになっているので、一人だけ圧倒的にモテるということはありません。

pairsはそれが無いので、1,000とかいいね!をもらってる子が結構いる。(Omiaiは400弱くらいでも、すごく多い方。)

なので、マッチングするごとにいちいちメッセージを送ってる余裕なんてないわけです。

 

まとめ

だったら、Omiaiのがいいのかというと、一概にそうも言えないのが面白いところ。

ネット恋活は数打たなきゃいけないので、数打つ弾が少なめなOmiaiでは、限られてしまうんです。

pairsならとにかく撃つことができるので、たくさんの子にアプローチできて、マッチングする可能性が高くなる。

会員数も多いから色んな子にアプローチできますしね。

pairsで大量に数を打っていくか、Omiaiで一球入魂的な感じで丁寧なアプローチをしていくか…。

一長一短な攻防を続ける両者に、今後とも注目だッ!

 

最近オススメすぎるアプリ

あのメンタリストDaiGoさん監修。診断系コンテンツが面白すぎて女性会員増えまくり!しかも…かわいい子が多い…!!ライバルのメンズが少ないうちに可愛い彼女を作っちゃって下さい。

アヤトの紹介記事はこちら → DaiGoさん監修の恋活アプリ『with(ウィズ)』を出会い厨アヤトがやってみた。

 

おすすめアプリランキング!

長年ネット出会い厨を続けているアヤトによるFacebookを使ったオススメの恋活・婚活アプリランキング!

今も継続してがっつり出会っているアプリのみを厳選して紹介しています。

おすすめアプリランキング